TOP>プログラム Day 1
  • Day 112/4 Mon

    オープン・ネットワーキング・スペシャル・セッション

    13:30〜17:00

    第7会議室

プログラム内容は随時アップデートしていきます。
時間 カテゴリ 講演内容・講師 資料
13:30-17:00

「オープン・ネットワーキング・スペシャル・セッション」
-キャリア向けのオープンテクノロジが全て解る特別セッション-

佐藤 陽一
日本電気株式会社

13:30-17:00

「オープン・ネットワーキング・スペシャル・セッション」
-キャリア向けのオープンテクノロジが全て解る特別セッション-

ONOSを活用した広域ネットワークシステム構築と国際連携

金海 好彦
日本電気株式会社

12/4 Mon

Day1 13:00~17:30 第7会議室

ONOSを活用した広域ネットワークシステム構築と国際連携

概要

分散データベースを内蔵し、ネットワーク抽象化機能を持つキャリア向けSDNコントローラプラットフォームであるONOSをJGN-X上に展開し、この環境を用いて国際連携を進めております。また仮想スイッチの1つであるLagopusとONOSを相互接続し、可能な限りハードウェアネットワーク機器利用をなくした環境の構築を進めております。
今回の講演では、ONOSの概要だけでなく、実環境への展開および国際連携について説明いたします。

講師紹介

  • 金海 好彦

    金海 好彦
    日本電気株式会社

13:30-17:00

「オープン・ネットワーキング・スペシャル・セッション」
-キャリア向けのオープンテクノロジが全て解る特別セッション-

CORDの概要と構築

藤井 貴之
日本電気株式会社

12/4 Mon

Day1 13:00~17:30 第7会議室

CORDの概要と構築

概要

ONOSのユースケースから独立・発展したCORD(Central Office Re-architected Datacenter)はオープンなデータセンタ技術を用いて局舎NWの再構築を目指すものです。
このコンセプトやONFが実装したCORDは世界中の通信キャリアが注目しており、すでに各地で実証実験の取り組みが始まっております。
しかし、環境構築や運用はいまだハードルが高く、今後使いやすく進化するためにはコミュニティの発展が必要です。
本講演ではCORD概要やユースケース動向を紹介した後、環境構築の方法やCORDで困ったことなどについて共有致します。

講師紹介

  • 藤井 貴之

    藤井 貴之
    日本電気株式会社

    【略歴】
    2017年NECに入社。7月よりCORDの環境構築/検証に参画。

13:30-17:00

「オープン・ネットワーキング・スペシャル・セッション」
-キャリア向けのオープンテクノロジが全て解る特別セッション-

ONAPの概要と現状

清水 淳
日本電気株式会社

12/4 Mon

Day1 13:00~17:30 第7会議室

ONAPの概要と現状

概要

近年NFVにおいてオープンソースMANOの活動が活発化しており、各方面からの注目度が高くなっています。その中でも2017年3月に誕生したONAPはETSI NFVの定義を越えた広い範囲を対象としていることから特に注目を集めており、現在では50社以上が加盟しています。
本講演ではONAPの概要および動向について紹介いたします。

講師紹介

  • 清水 淳

    清水 淳
    日本電気株式会社

    【略歴】
    2008年 日本電気株式会社入社

13:30-17:00

「オープン・ネットワーキング・スペシャル・セッション」
-キャリア向けのオープンテクノロジが全て解る特別セッション-

TIPにおける光伝送装置の標準化動向

松井 淳一郎
日本電気株式会社

12/4 Mon

Day1 13:00~17:30 第7会議室

TIPにおける光伝送装置の標準化動向

概要

2016年2月に約30社のメンバーにて発足したTelecom Infra Project(TIP)ですが、現在では400社以上のメンバーが参加し、通信システムのオープン化について活発な議論が繰り広げられています。
本講演では、TIPの中でも、光伝送装置のオープン化を議論しているOpen Optical Packet Transportプロジェクトグループの活動について紹介します。

講師紹介

  • 松井 淳一郎

    松井 淳一郎
    日本電気株式会社

    【略歴】
    1996年  東京都立大学大学院 電気工学研究科にて修士号を取得
    1996年~ 日本電気株式会社に入社、光伝送システムの開発に従事

ページTOPへ戻る